スタッフブログ

2018.08.31更新

 透析患者さんにとって、シャントは命綱となるものです。

一度作成したシャントはできる限り長く使う努力が重要ですnihand

 

しかし、長期間繰り返し使われたシャントは、狭窄・閉鎖などを起こし治療が必要となることもあります。

 

シャント1

シャント2

 

如水会ではシャントセンターを併設し、そのような突然のトラブルにも迅速に対応できる体制を整え、安心で安定した治療を提供いたしますnicoheart3

カテーテル治療により対処できるトラブルがほとんどです。

 

しかしそれでも解決できない場合は、主に四日市腎クリニックのシャントセンターにて新たにシャントを作り直す手術(再建術)を行います。

シャント3

シャント4

 

シャントセンター併設の強みを生かして、鈴鹿腎クリニック・四日市腎クリニック、いずれの患者さんにも、クリニック間での連携・情報共有を密にし迅速に対応できます笑う

 

シャント5

 

また新たにシャントを作る手術(造設術)も、如水会に通院中の患者さんはもちろん他施設からご紹介いただく患者さんも受け入れていますnihand

 

#四日市腎クリニック

#鈴鹿腎クリニック

#シャント

#透析

#腎臓病

#四日市

#鈴鹿

 

投稿者: 医療法人如水会

2018.08.24更新

『検診で腎臓病と言われた人』

『検尿でひっかかる人』

『腎臓病治療を途中で中断してしまった人』

など、お気軽にご相談くださいnihand

 

 

 

如水会は透析にならない為の、腎臓病専門の外来を積極的に行っています。

CKD6

 

糖尿病が原因で腎臓病となる患者さんも増えています。

如水会では糖尿病チームで指導介入に力をいれております。

他施設との連携も可能ですので必要があればご提案いたしますnicohand

 

CKD3

腎臓病は、じっくり・気長に・継続して治療をしていくことがとても大切になります。

そのサポートするために予約制を採用し一人の患者さんにしっかり時間をお取りします。

CKD2

 

また、医師看護師臨床工学技士管理栄養士理学療法士が一つのチームとなりそれぞれの強みを生かしてサポートいたしますので、医療者からの一方的な指導ではなく、患者さんぞれぞれの日常生活に適した本当に必要な情報を時間をかけてお伝えすることができます笑うheart

 

CKD5

CKD8

予約制ですが、急なご相談でも可能な限り柔軟に対応いたします。

不安なこと、わからないことはなんでもお聞きくださいnicohand

 

※月曜~金曜日 9:00~16:00

鈴鹿腎クリニック  telephone059-381-0880

四日市腎クリニック telephone059-333-8080

 

 

#四日市腎クリニック

#鈴鹿腎クリニック

#透析

#腎臓病

#シャント

#四日市

#鈴鹿

投稿者: 医療法人如水会

2018.08.18更新

如水会では3名の管理栄養士が常勤していますrabbitrabbitrabbit

 

透析患者さんにとって、とても大切な食事管理mealbeerglitter

 

 透析患者さんは定期的にベッドサイドにて、その他腎臓病外来や内科外来の腎臓病・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・高血圧等の栄養相談を行っていますnicohand

栄養士1

 

栄養士2

食事は、生活の中で大きな楽しみだと思いますmealglitter

栄養相談と聞くと・・・

栄養相談 = 食事制限gan汗 ⇒ 我慢が増えストレスnnn汗

と思うかもしれませんが、

患者さん1人1人の気持ちを尊重しながら、共に方法を考え、楽しく前向きに食事療法ができるようサポートしていきたいと考えていますnicohand

栄養士3

そのため、患者さんご本人とお話することはもちろん、ご家族の方や担当ケアマネージャーさんとお話する機会もありますpencil1telephonepersonal computer

栄養士4

又、透析患者さん・腎臓病患者さん向けに料理教室を開催していますmealheart3

   

 <鈴鹿> 透析:奇数月 次回9月6日(木)7日(金) 腎臓病:偶数月  次回10月20日(土)

 <四日市>透析:偶数月 次回10月4日(木)5日(金) 腎臓病:奇数月  次回11月未定

 

栄養士5

食事療法のポイントを確認し、参加者みんなで調理し、お料理をいただきます。

実践することで、具体的な量や味付けが分かりやすいですglitterglitter

調理をしない男性の方やご家族の方、又、幅広い年齢の方が参加されており、患者さん同士もおしゃべりや情報交換等しながら過ごしてみえます。

気になる方は、スタッフへ声をかけて下さい笑うnote2

 

栄養士6

 

食事や栄養に関することで、疑問や不安がある方!

どなたでもOKですhandglitter2

いつでもOKですhandglitter2

どんなことでもOKですhandglitter2


気軽に栄養士へ相談して下さい笑うheart

 

 

 

 

 

#四日市腎クリニック

#鈴鹿腎クリニック

#透析

#腎臓病

#シャント

#四日市

#鈴鹿

 

 

投稿者: 医療法人如水会

2018.08.10更新

リハビリチームを発足して5年になりましたnicoglitterglitter

リハ10

リハ9

 

当初はリハビリ室もなく、待合室やベッド上での運動が中心でしたnotenote2bibibi

 

リハ11

2014年glitter2glitter2リハビリ室が完成glitterglitter

リハ6

それでも最初はレッドコードしかなく、とても殺風景でしたねehe汗汗

リハ12

 あれから4年。

現在のリハビリ室です笑うheart

リハ13

リハ14

器具も充実し、患者さんが快適にリハビリ・運動ができる環境も整いましたnihandglitter3

リハ15

 

 

 

 

~PT三浦、PT草川~

当院で理学療法士によるリハビリが始まってから5年、リハビリ室が新設されてからは4年の月日が経ちました。

リハ7

治療を目的としたリハビリ室・ベッドサイドでの運動を始め、予防を目的とした集団体操・運動指導、補助具や装具等の助言など様々な状況や場面において患者さんとリハビリを通じて接する機会が多くありました笑うhand

リハ8

『患者さんに一日でも長く元気に通院してほしい。』という思いから、治療目的だけでなく、予防リハビリにも注力してきました笑うhand

リハ1

しかし開始当初はリハビリや運動を行う環境が十分に整っていなかったことなどもあり、自発的に運動をされる患者さんはごく少数でしたので、声かけや運動資料の配布など啓蒙活動に力を注いできたことを鮮明に覚えていますehe

リハ2

現在は運動療法や予防リハビリなど自発的な運動や透析前の集団体操に参加される患者さんも開始当初と比べると、かなり多くみられるようになりました。

リハ3

患者さんへの啓蒙活動において多くの助言を頂き、患者さんとリハビリや運動で接する機会や環境づくりなど、様々なことでご協力を頂きました先生方やスタッフの皆様には本当に感謝しております。

リハ4

そして患者さんの中には、初めて関わらせてもらった時点から現在まで、継続して運動をされている方も大勢みえますihiheart


患者さんが意識を高く持って意欲的に継続してくださることもそうですが、リハビリ室やベッドサイドに足を運んだ際には、笑顔で接してくださることや前向きな発言をしてくださること、運動効果を実感して喜んでくださることなど思いを直接伝えてくださる機会・場面を大変うれしく思っていますgyahand

リハ5

患者さんとこうした関係性を気づけていること、こうした環境で患者さんと深く関わらせてもらっている現状をこれからも続けていきたいです。

そして今後も、リハビリや運動を通じて患者さんと接する機会を増やし、一人でも多くの患者さんが、運動を前向きに行ってもらうことで、心から満足し、喜んでもらえるような関わり方をしていきたいと思っていますnicoglitter

 

患者さんが病院に元気に通い続けることで患者さんもハッピーheart3

そのリハビリで患者さんが元気になることで私たち理学療法士もハッピーheart3

いつまでも元気な姿を見ることができる、家族や職員、先生もハッピーheart3

 

私たちが如水会のリハビリでリハッピーを広めていきますgyaheartnote2

 

リハ5

 

 

 

~河出理事長~

やむにやまれぬ思いから始まったリハビリ。

私が河出内科へ帰ってきたとき、患者Kさんが話しかけてきてくれました。

大病をたくさん患い、乗り越え仕事を定年まで勤め上げ、子供たちもちゃんと育て上げたと話してくれました。

鈴鹿腎クリニックへ移転してしばらくしたときは繰り返し感謝の言葉をかけてくれました。

当院に来て本当に良かったと言ってくれた時は不覚にも涙があふれそうになり困ってしまいましたnamida

わたしも帰ってきて良かったと気持ちを伝えましたheartglitter

リハ15

それから間もなくKさんは自宅で転倒し寝たきりになってしまいました。

その時Kさんのような患者さんをひとりでも減らしたいと思い運動療法・リハビリを始めました。

今後も当院の患者さんが、熱意ある当院のふたりのPTさんとリハビリに取り組んでいってくれることを願ってやみませんnicoheart

 

リハ16

 

投稿者: 医療法人如水会

2018.08.03更新

第3透析室の掲示板が新しくなりました~rabbitglitterglitter 

 

『透析中に地震が起きたら...explosionがテーマです。

 

スタッフの災害実技訓練は定期的に行っていますが、

患者さんの実技訓練はまだ行ったことがありません。

 

透析中に大きな地震がきたらどのように行動すれば良いか?

今回の第3透析室の掲示板で紹介していますので、またご覧になってください笑うhand

 

 

 

掲示板1

 

患者さんはベッドから落ちないようベッド柵を上げ、回路を握って柵にしっかりつか
まって下さい。

布団を頭からかぶって落下物から身を守って下さい。

特に窓ぎわの方は窓ガラスにも気をつけてください。

 

掲示板2

揺れがおさまったとしても、揺れの規模によっては、ベッドサイドが避難するには危険な状態になっている場合が予想されます。

東北の震災では、天井の蛍光灯が割れて、ガラスの破片が散らばっていたり、テレビが落ちてたりしたそうですganbibibi

 

 

 

あわててベッドから降りると危険かもしれませんgan汗汗

騒がず、あわてず、スタッフの指示を良く聞いて!

みんなで安全に避難できるようご協力お願いしますnihand

掲示板3

掲示板4

 

また、機会を見つけて、透析に来院されたときに、患者さんにも地震が起きたときの対応について訓練させていただければとも考えてます。

その時はご協力お願いしますnicohandheart3

 

『そなえあれば憂いなし!』

災害に強い病院をめざして一緒に頑張って行きましょう笑うhandheart3

 

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会

  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • Facebook フェイスブックFacebook フェイスブック