スタッフブログ

2019.11.15更新

東南アジアのミャンマーへ行ってきましたnicohand


如水会で働いている技士は、臨床工学技士という国家資格を持って医療の現場で働いており、臨床工学技士会という学会にも所属しています。

その臨床工学技士の仕事は多岐に渡り専門性も高く、現在では医療現場では無くてはならない国家資格の1つです。

海外にも似たような資格制度はありますが、ここまで専門性などが高く、制度として確立されている国家資格は日本以外にはほとんどないといわれています。

そのため、我々の臨床工学技士というスペシャリストが望まれている諸外国が増えてきています。

 

 

 

今回、活動させて貰ったミャンマーもその1つで、そう言ったスペシャリストの育成を望んでいるとの要請を我々の所属する臨床工学技士会とJICAが受け、「ミャンマー国ME育成プロジェクト」が昨年度からスタートしました。


昨年度もこのプロジェクトに参加させて頂いたのですが、今年もご縁があり、参加させて頂きましたnicoheart

 

 

今年も先生達や上司に相談した際に快く承諾頂き、約1週間出張と言う形でプロジェクトに参加させて頂きました。

 

少し前からちょっとずつニュースなどで取り上げられてきたミャンマーですが、まだ聞きなれない国の1つです。

正式名称はミャンマー連邦共和国といい、以前はビルマ連邦と呼ばれていました。

国家顧問としてアウンサウンスーチーさんがいらっしゃいます。

言語はビルマ語です。

 

またお寺に行くといつも沢山の人達が熱心に礼拝しているという、とても敬虔な仏教徒の国です。

寺院は日本とは違ってとっても「煌びやか」なものばかりですglitterglitter

 

 

down arrowシェイダゴンglitter2

ミャンマー1

 

down arrowお祈りしている人handglitter2

ミャンマー2

 

 

ミャンマーのご飯は基本的に唐辛子を使用した料理のため結構辛かったですが、内容としてはとても日本人にあっておりとっても楽しめましたmealnico

 

down arrowミャンマーの食事meal

ミャンマー3

ミャンマー4

 

 

 

 

 

このプロジェクトは現在、ミャンマーの国公立の病院で看護師や技術者として働いているスタッフを全国から集め、1年コースで育成するものです。

今年度は「心電図モニターと12誘導心電図」の学内実習を担当させて頂きましたpencil1glitter2

 

 

 

down arrow講義の様子pencil1glitter2

ミャンマー5

 

down arrow実習の様子pencil2glitter

ミャンマー6

 


学生さん達はいつも熱心でpencil2glitter2講義や実習を進める中で、わずかでも疑問に思った事はすぐに質問、またそれに関連したものに対して更に質問と言った様に、講師である我々が逆に圧倒されてばかりでした。

 

時には学生さん達の熱に駆られてこちらも熱を帯びて、中々先に進まなかったりする事もありましたが、本当に1つ1つに対して真剣なので大事なことだと感じ、一緒に1つ1つ解決していく中で久しく忘れていた気持ちや情熱に出会えた感じでした笑う

 

 

昨年度に続き本年度もこのプロジェクトに参加させていただく中で、学生さん達の一所懸命さには本当に心打たれ、自分も改めて頑張らねばと言う気持ちを思い出させて貰えました。

 

down arrow実習の様子pencil1glitter

ミャンマー7

 

 

何よりこの約1週間、ミャンマーの人の情の深さに触れる事で

「他の人を思いやり、どんなに小さな事でも良いのでその人のためにと言う心」

「人と人との繋がりを大事にする心」

「何事にも感謝する心」

と言う日本の日常生活の中では当たり前に感じるからこそ失いつつある大事な事を改めて思い出させて頂きましたniheart

 

down arrow集合写真cameraglitter

ミャンマー8

 

down arrow和気あいあいとrabbit

ミャンマー9

 

down arrowスタッフと一緒にcameraglitter

ミャンマー9

 

 

最後に、今年度もまたこのプロジェクトに参加する事を快く了承頂いた先生・上司の方々、この様な貴重な経験をさせて頂くためにご協力頂いたスタッフの方々に本当に感謝の気持ちで一杯であり、お礼申し上げますnicohand

 

微力ながら、今後も何かしらの関わりを持っていけたらと思います。

そしてこう言った貴重な経験を自分だけでなく、他の技士さん達にも是非関わって頂き力を発揮して頂けたらと思います。

 

 

 sss

(ビルマ語:ありがとうございましたnicoheart

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会

2019.11.08更新

先週末、山梨県甲府市で行われた在宅透析血液研究会に四日市腎クリニックから2名、鈴鹿腎クリニックから3名で参加してきましたnicohand

yamanasi5

 

 

在宅血液透析とは患者さんが介助者のサポートを受けて、自宅で血液透析を行う治療方法です。

現在、全国で630人余りの方が実施されていて、透析患者さん全体では0.2%しかいらっしゃいませんが、毎年少しずつですが増えているようですup arrowup arrow

 

 

在宅血液透析のメリット
1.自分の生活スタイルに合わせて自由に透析スケジュールを組むことができる。
2.時間的制約がないため社会復帰が容易である。
3.透析回数に制限がないため十分な透析量が確保できる。
4.貧血、高血圧、血清リン値等の改善がみられ、薬の量が減る。・・・etc

 

いいことづくめの様ですが、患者さんが増えないのはデメリットもあるからで・・・

 

在宅血液透析のデメリットとしては
1.自己責任、自己管理を伴う治療法である
2.介助者やそれぞれの家族の理解と協力が必要である
3.介助者と共に一定期間の訓練(技術と知識)が必要
4.自己穿刺をしなければならない・・・・・・etc

 

 

取り組むにはハードルが高いこともあるとは思いますが、四日市腎クリニックで4名導入されてますし鈴鹿腎クリニックでも希望される方が出てきましたglitterglitter

患者さんの望む透析スタイルをサポートしていけるよう、私たちスタッフも準備を進めているところですnicohand

 

 

在宅血液透析は臨床工学技士で担う所は多いのですが、私たち看護師の役割についても勉強してきましたpencil1glitter2glitter2

 

・自己決定への支援:自分の人生は自分で決める。やって良かったと思うような選択をサポートする

・情報選択の継続:治療法を決定した後も、状況に応じて療法選択支援を継続する

・在宅透析の理解を深める

・患者本人だけでなく、介助者の精神的サポートを行う

 

看護師だから出来る事をこれからも考えながら、患者さんに向き合っていきたいとおもいました笑うheart

在宅血液透析に興味のある方は外来に在宅血液透析を紹介する小冊子を置いてますのでご覧になって下さいglitter2glitter2

turu

 


勉強のあとは寸暇をおしんで、甲府のおいしい物を堪能してきましたgyaheart

 

やまなし名物 ほうとううどんmeal

yamanasi1

 


有名な桔梗信玄もちのお店プロデュースのカフェで信玄プリンcoffeeglitter2

yamanasi2


夜はもちろん甲州ワインwineglitter2を頂いて(飲み過ぎないよう少しだけ)gyabibibi

yamanasi3

 

 

充実した2日間でした。

高速バスで往復8時間かけて参加した甲斐がありましたtrain汗汗

駅前で武田信玄候に見送って頂きましたhearthandhandheart

yamanasi5

今度はワイナリーめぐりしたいな~pueheart

yamanasi2

yamanasi1

 

投稿者: 医療法人如水会

2019.11.01更新

少子高齢化・透析医療の進歩により透析患者さんの高齢化が進んでいます。

 

透析患者さんの平均年齢は65歳以上85歳未満が多く、透析を導入される患者さんも75~80歳代での導入が最も多いとの報告がされています。


通院透析は、来院手段の確保や自宅での食事・服薬・体重などの自己管理がとても重要ですglitter2glitter2

高齢の方の自宅での管理は家族のサポートが必要な場合があります。

 

 

最近では、様々な理由により介護施設から通院する患者さんもいらっしゃいます。

透析施設と介護施設との連携がとても重要だと感じていますnihand

 

先日はけやき福祉会小規模多機能センターにお邪魔させていただき、透析治療や日頃の生活に関して気をつけていただきたいことなど情報提供と連携を深める目的で、勉強会を行なってきましたpencil1glitter2glitter2

 

keyaki1


たくさんの介護スタッフさんに参加していただき、

『腎臓病とは?』

『血液透析とは?』

『透析に来るとき・帰った後の注意点』

などの説明をしてきましたnihand

 

みなさんとても熱心に話をきいてくださいましたpencil1glitter2glitter2

遅くまで参加していただき、ありがとうございました!!


今後も少しずつ介護施設の方々と交流の場を広げ、連携していけたらと考えていますnicoheart

投稿者: 医療法人如水会

2019.10.25更新

 

 

このたびの豪雨災害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被害を受けられた皆様には謹んでお見舞い申し上げるとともに、被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

東海地区におけるPD(腹膜透析)看護の質の向上を目指して発足した、東海CAPD看護研究会に参加してきましたnihand

CAPD1

今回のテーマは『PD(腹膜透析)災害対策』

講演では、ここ最近の大きな災害時の透析施設の被害や対応、問題点、日本災害時透析医療協働支援チームの活動報告などを発表していただきました。

CAPD7

 

 

災害時は、緊急性や重症度によって治療の優先順位が決まります。

そのため、かならずしも緊急性が高いとみなされないPD患者さんは、自己の体調管理、病院への連絡、対応病院を探すなど自立した対応が求められますfunhandglitter

 

そこで研究会でも災害対策チームを立ち上げ、

『とっさのPD災害対策手帳(愛称:とっ P!)』を作成しました。

 

『とっ P!』は、患者さんが災害時どのように行動したらよいかを記載した災害時のマニュアル手帳です。

いつでもPD手帳などに入れ携帯できるように検討しました。

 

今日はその一部をご紹介しますねnicoheart 

CAPD5

 

up arrow災害が起きたらどう行動したら良いのかを示しています。

いざとなるとあわててしまうので、日頃からよく見ておいてなるべく冷静に行動できるようにしましょうchickbibibibibibi

 

 

down arrow持ち出し物品のリストです。

CAPD9

 

 

 

これらは東日本大震災を経験された方々からの御意見を参照し改訂しています。

日頃からの備えが大事nihand

 

また透析患者さんは、

・ドライウェイト

・針刺しはどこに刺しているか?

・薬剤のアレルギー

などは、ご自身で覚えておきましょうnicohand

いざという時に役立ちますglitter2glitter2

 

『災害に負けない患者!!』を目指しましょうnicoheart

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会

2019.10.18更新

 今月よりスタッフの制服が新しくなりました~nicohandheart

 

 

down arrowdown arrowdown arrow看護助手

新制服1

 

down arrowdown arrowdown arrow看護助手

新制服2

 

down arrowdown arrowdown arrow看護師

新制服3

 

down arrowdown arrowdown arrow看護師

新制服5

 

down arrowdown arrow看護師

新制服6

新制服7

 

down arrowdown arrowdown arrow臨床工学技士

新制服8

 

以前のバージョンの制服も交えて使用していきますglitterglitter

 

 

 

 

新しい制服でわたしたちと一緒に働きませんか~nico!?

http://www.josuikai.jp/recruit/

 

 

如水会って、こんな職場ですnicohand

http://www.josuikai.jp/welfare/

 

 

病院見学もできます笑うheart

お気軽にご連絡下さいmobile phoneshand

 

鈴鹿腎クリニック 059-381-0880 

山本・出岡まで

 

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会

2019.10.11更新

 

四日市腎クリニックよりやってきました、竹内美由起ですnicoheart

生まれも育ちも四日市glitter

glitter四日市人ですnotenote2

 

竹内1

竹内2

 

●欲しい能力はありますか?

 空を飛ぶことchickglitter2glitter2

 

●コンビニといえば?

チキン(旨辛チキン)birdglitter3

 

●おにぎりの具で好きなのは?

明太子heart3

 

●月1で食べたいものは?

天理ラーメンpuemeal

 

●魔法が使えたら何をする?

若返る魔法で、顔も体も若返りたいihiglitter2glitter2

 

●無料になってほしいもの!

なんだかんだ高い、携帯代かなmobile phonesbibibi

 

●自慢できる特技は?

平野ノラのものまねで~すlipsticktelephoneglitter

竹内3

竹内4

竹内5

 

●友達(同僚)といる時のポジションは?

話の聞き役です~nihand

 

●今までの人生にタイトルをつけるとしたら?

苦あれば楽あり...?gya汗汗

 

●座右の銘は?

一期一会flower2

 

●生涯、必ずやり遂げたいことはありますか

車で日本1周するcarbibibibibibi

 

竹内6

 

●最後に自己PRをどうぞ!

通勤が遠くなってしまい少し大変ですが、新たにいろいろ学んで頑張っていきますnicoheart

よろしくお願いしますheart

 

 

竹内10

 

 

 

スタッフ募集中ですnicoheart

http://www.josuikai.jp/recruit/

 

 

病院見学も可能です笑うhand

お気軽にお電話下さいtelephoneglitter2glitter2

059-381-0880

 

鈴鹿腎クリニック 

山本・出岡まで

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会

2019.10.04更新

 

日曜日に名古屋で東海透析研究会が開催されましたglitterglitter2glitter2

東海透析1

 

東海透析2

 

鈴鹿腎クリニック 竹田くんdown arrowdown arrowdown arrow

東海透析6

名古屋で開催された東海透析研究会に参加してきましたglitter


今回は以前から皆様にご協力頂いた炭酸ガスミストの発表をしてきました。


三度目の発表だったのですが、やはり緊張はしてしまい演台に立つ前には心臓ドキドキでしたunheart


発表は滞りなく終わりましたが、質問がとても多く難しい質問もあったため上手く答えられず悔しい結果となりましたsuntearstears


ですが自分の炭酸ガスミストの研究の基礎を作ってくれた他院の先生からも質問を頂き、今後のアドバイスもしていただいたり、座長の先生からも今後の課題を頂いたりと非常に有意義な数分となりました笑うheart


今回の発表で新たに見つかった課題を解決し、更に患者さんに有用なものにできるように頑張っていきたいと思いますnicohand

 

東海透析9

 

 

CE川野ですnicoglitter

東海透析研究会に参加してきました。

本来なら3月に開催予定でしたが、季節外れの台風にて延期されていましたrain

今回は、河出理事長が幹事であり、お疲れ様でしたniheart

前日は運動会にも参加し、アグレッシブに活動されており、頭があがりませんganglitter2glitter2

 

今回は東海の4県から演題が集まり三重県よりも一歩進んだ治療方法などの発表があり、現場でも活かせる内容でした。

三重県の透析研究会では演題発表が終わると静かなのですがehe、やはり東海となり規模が大きくなると発表者の持ち時間一杯に質疑応答も活発にされましたgyabibibi

 

自分も三重県にとどまらず、東海・全国にと如水会での功績を発表していけたらと思います笑うhandnotenote2

 

東海透析3

投稿者: 医療法人如水会

2019.09.27更新

鈴鹿腎クリニックは第1、第2、第3透析室がありますglitter3

その中でA~Eのチームに分かれ、固定チームナーシングを導入しています。

今回はCチームの紹介ですrabbitflower2

 

 

 

Cチームですnicohand

第2透析室で業務を行っていますglitter

第1透析室の壁隣りに隣接されているため足を運びづらい場所からも、中々にお会いできない方もいらっしゃると思いますehe汗

そんなCチームは、『仕事はもちろんしっかり!!burnやる時はやる!!burn』と言った姿勢ですが、その中にも『暖かく・楽しく、時には厳しく』を心がけながら毎日の業務に励んでいますnicohand

 

C1

C4

C9

C3

C2

 

仕事の時間外も、「楽しく・ざっくばらん」に、そして、「年齢・役職超えて冗談も言い合える」そんなチームです笑うhand

なので、時にはチーム内で食事に行ったりして楽しい時間を過ごしたりもしますbeermealglitter

 

今回は四日市の

焼肉 吟さんへnicobeerheart

https://hitosara.com/0006120211/

美味しいお肉を食べに行ってきました~glitterglitter2

 

C5

C6

C6

C6

C7

C7

C8

C8

 

 

中々お目にかかることが出来ない方もいますが、これからもチーム全員で踏ん張っていきますので第2透析室、Cチームをよろしくしくお願いしますnicoheart

投稿者: 医療法人如水会

2019.09.20更新

はじめましてnicohand

出井(いでい)です。

 

愛知県、静岡県と転々として地元三重県へ戻ってきましたnicohand 

 

新入2

 

*子供のころ夢中になったテレビ番組は?

ママレードボーイとセーラームーンですtelevisionglitter

 

*毎日必須の持ち物、アイテムは?

スマホ・お財布・目薬・痛み止めのお薬です。

 

新入3

 

*山と海。どちらが好き?

海ですglitter3glitter2glitter2

 

*寒いと暑い。どちらが耐えれる?

寒い方ですsnowglitter2glitter2

 

新入4

 

 

*友達(恋人)になるとこんな特権あります!

楽しいお酒にお供しますよ~beergyaheart

 

 

*カラオケ十八番は?

しばらく行っていませんehe

最近口ずさんじゃうのは、

”おかあさんといっしょ”の『カラダ、ダダンダンッnotenote2』ですgya

 

 

*自分の性格は?

ざっくり、マイペースですgya汗汗

 

 

*今の生活の充実度は何%!?

100%ですglitter2glitter2

なんやかんやありますがgya可愛い子供や大切な人たちと過ごせて幸せですheartheartheart

 

新入5

 

*最後に自己PRをどうぞ!

いつも丁寧に教えていただける職場環境に感謝しています。

より良い看護に還元できるよう、加えて20代の頃の体重に戻れるようgyatears。。。いっぱい仕事で動いてがんばりますgyahand

よろしくお願いしますheart

 

新入6

 

 

 

 

 

随時、看護師(正職員)を募集していますnicohand

http://www.josuikai.jp/recruit/

 

 

見学だけも可能です。

お気軽にご連絡くださいnicohand

 

鈴鹿腎クリニック 059-381-0880 

山本・出岡まで

 

投稿者: 医療法人如水会

2019.09.13更新

 

鈴鹿腎クリニックでは、ナースアシスタント(看護助手)を募集していますnicoheart

http://www.josuikai.jp/recruit/

 

助手7

 

 

だいたいの1日の業務の流れは、

8:00~

前日からの申し送り。

お仕事スタートnicohand

 

8:30~

全体朝礼

8:45~

患者さん透析室へ入室glitter

車椅子の患者さんの体重測定や、介助が必要な患者さんの透析開始の準備をお手伝いglitter2

助手1

 

 

9:00~

穿刺開始ですni

『ナースが穿刺しやすい環境を作る!!』

穿刺順番が回ってくる前に、患者さんに声掛けし、ベッドへ誘導glitter

血圧測定の準備や採血の検体準備など、ナースがスムーズに穿刺に回れるように、全体の流れをよく見ながら準備していきます笑う

 

 

同時に穿刺の終わった患者さんのベッドサイドをまわり、キセノン治療を始める準備や炭酸泉をできるようセッティングします。

 

穿刺片づけ

カルテ配布

物品補充

洗濯物

リハビリのお手伝いなど、細かいお仕事が盛りだくさんnicohand

助手3

 

助手4

 

11:00~

交代で休憩へ。

 

患者さんのお食事の配膳、下膳が始まりますmealglitter2

助手6

 

13:00~ 

透析が終了し始めます。

終わった透析器材の片づけや機械の清掃glitter2glitter2

助手2

患者さんの帰宅準備お手伝い

ベッドメイキング

助手8

次回の透析材料配布

助手5

 

日勤業務は8:00~16:00までrabbitnotenote2

 

業務は、毎日タイムスケジュールにそってそれぞれ役割担当が決められているので残業もほぼ無く、とてもスムーズですnicohand

 

『患者さんが喜んでもらえるよう環境整備に責任を持って!!』

『ナースやCEがスムーズに業務を遂行できる環境づくり!!』

をモットーに毎日パワフルに頑張っていますnicoheart

助手7

助手9

助手8

助手11

 

病院見学もできますglitterglitter2

お気軽にご連絡下さいnicohandheart

 

鈴鹿腎クリニック 059-381-0880 

山本・出岡まで

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会

前へ
  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • Facebook フェイスブックFacebook フェイスブック