スタッフブログ

2022.12.02更新

 

 地震訓練を行いましたglitter2

 

 

『今回の地震訓練の発災条件』

11月29日(火) 10時50分頃

マグニチュード7~9

紀伊半島沖を震源とする南海地震が発生

当院における震度:6強

患者数:116名

 

 

 

地震速報が流れますbibibibibibibibibi

訓練1

 

患者さんへ大きな声で伝達uobibibibibibi

①回路を握ってください

②布団を被ってください

③空いている手で柵を握ってください

 

訓練2

 

地震速報カウントダウン終了までに、スタッフも安全な位置へ移動汗

 

 

~地震発生~

まずは自分自身の身を守るglitter2

訓練11

 

揺れがおさまったら、リーダーはスタッフを招集

各チーム、担当患者さんへ声掛け

窓・壁など建物の被害状況やスタッフの怪我の有無など、リーダーへ報告

 

そして地震直後に停電が発生explosion

訓練10

 

訓練8

訓練12

 

技士が機械室の被害状況を確認すると共に、発電機へ切り替えに行きますbibibibibibi

訓練5

訓練4

訓練6

訓練7

訓練15

 

最後は実際に発電機が稼働し、どれだけ消費しているかを確認glitter2

許容量を超えると、止まってしまう為です。

訓練16

訓練17

訓練18

.

.

.

.

.

.

今回、全職員がリアルタイムで全館停電→自家発電の稼働を経験しましたnicohand

自家発電下で返血訓練、全館見回りをして訓練終了となりました。

 

停電時は思いのほか暗くて、実際に震度6の揺れのあとは、不安と恐怖しかないかもしれませんuntears

 

発電後、建物の照明がついて透析機械もいつも通り動き出し、それだけで安心して、落ち着けるような気がしましたheart3

 

本当にライフラインは大切ですねglitterglitter  

滞りなく自家発電を作動させることが出来、もうすぐ地下水も稼働しますglitter3 

また一つ、災害に強いクリニックへ近づきましたgyaheart3

 

 

ここで、誰でもできる災害対策を一つglitter2glitter2

車を持っていらっしゃる方は、ガソリンを半分以下にならないように給油を心掛けましょうcarglitter

避難するときも、暖房やエアコンを使いたいときも、ガソリンが必要ですheart

災害時は役にたちますよnicohand

と以上、山本技士長からでしたglitterglitter

 

訓練20

 

この冬は節電が呼びかけられています。値上がりも厳しい状況ですが、もうすぐ年末glitter いい一年の締めくくりにしたいですねnicohand

 

鈴鹿腎クリニック 災害対策委員より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会


SEARCH


ARCHIVE


CATEGORY

  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • Facebook フェイスブックFacebook フェイスブック