スタッフブログ

2020.07.17更新

 

 

鈴鹿腎クリニックの公式LINEアカウントdown arrowdown arrow

 

 ライン1

4月の開設より、たくさんの患者さんやご家族の方に登録していただきましたglitter2glitter2

ありがとうございますnicohand

 

 

 

 

 

鈴鹿腎クリニック公式ラインアカウントは、登録していただいた患者さん及び患者さんご家族に、以下のような情報を発信いたしますmobile phonesglitter

 

 

*大型台風が発生し、透析時間の繰り上げや透析日程の変更がある場合

 

 

*大規模災害時に、鈴鹿腎クリニックの状況や今後の透析予定について

 

 

 

このラインアカウントを登録していただくと、いざという災害時に当院から発信する情報を自動的に受け取ることができますnicohand

 

 

登録されていない方には、台風による透析開始時間の繰り上げに関してはご連絡できません汗

 

また災害時には、当院のホームページやFaceBook、災害伝言ダイヤル171などで発信する情報をご自身で探していただかなければいけません。

 

 

 

CE三浦ですnihand

 

 

7月上旬に九州での豪雨により大きな水害が起こりました。

 

 

特に熊本県での被害はテレビやインターネットからは伝えきれないほど、想像を絶するような現場だったと聞きますshuntears

 

 

今、三重県臨床工学技士会の役員をさせていただいておりますので、全国の透析施設からさまざまな情報を受けており、今回の水害でも多くの被害が報告されています。

 

 

 浸水による機器の故障、断水、停電、物流の停止、医療従事者の出勤不可などによって、通常の透析治療が提供できず他の施設で透析を受けていただく患者さんが多くみえたそうです。

 

 

 

このような時、県内の病院が連携して動く必要がありますglitterglitter

 

 

今回の熊本県での病院間の対応時には、電話だけでなくインターネットを利用したツールで情報収集を行ったそうですpersonal computerbibibi

 

 

病院はそのつど患者さんに対しても必要な情報を正しく伝達することがとても重要で、透析に関することだけでなく日用品や食料、医療用品などの物資の状況なども発信することも考えられます。

 

 

 

やはり患者さんとの連絡手段でも、電話だけでなくインターネットを利用したツールが役立つだろうと改めて感じましたnicohandglitter2

 

 

 

患者さんも医療従事者も、日ごろから有効な連絡手段や情報収集手段は多く持って、万が一の非常時に備えていただきたいと思います笑うmobile phonespersonal computertelephoneglitter2

 

 

最後に、この度被災された方々・被災地域の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

LINE(ライン)は電話回線がつながらない環境でも、インターネット回線がつながれば利用できるため災害時や緊急時の通信手段として、とても便利なツールですglitterglitter

 

 

まだ利用したことがない方は、是非この機会に登録してみてくださいnicohand

 

 

【鈴鹿腎クリニック公式LINEラインアカウント 登録手順】

1、LINE(ライン)アプリをインストールします。

2、LINE(ライン)アプリを起動

3、ホーム画面より「友達追加」をタッチ

4、

QRコードを使う方法

QRコードをタッチ

バーコードリーダーが起動

上記の鈴鹿腎クリニック公式ラインアカウントQRコードを読み取らせる

 

 

IDを使う方法

検索をタッチ

IDを選択

@077fhstn  を入力

 

 

5、当院のラインが起動する

追加をタッチする

当院からメッセージが送信される

 

メッセージに『自分の透析曜日 、フルネーム』を入力して送信

(例) 月水金 鈴鹿太郎 、 火木土 鈴鹿花子 長男 

 

当院より登録完了のメッセージが送信される

完了

 

 

 

 

登録方法が分からない方、自信がない方はスタッフがお手伝いします笑うheart3

お気軽にスタッフまでお尋ねくださいね笑うhand

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人如水会


SEARCH



CATEGORY

  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • Facebook フェイスブックFacebook フェイスブック