スタッフブログ

2019.11.01更新

少子高齢化・透析医療の進歩により透析患者さんの高齢化が進んでいます。

 

透析患者さんの平均年齢は65歳以上85歳未満が多く、透析を導入される患者さんも75~80歳代での導入が最も多いとの報告がされています。


通院透析は、来院手段の確保や自宅での食事・服薬・体重などの自己管理がとても重要ですglitter2glitter2

高齢の方の自宅での管理は家族のサポートが必要な場合があります。

 

 

最近では、様々な理由により介護施設から通院する患者さんもいらっしゃいます。

透析施設と介護施設との連携がとても重要だと感じていますnihand

 

先日はけやき福祉会小規模多機能センターにお邪魔させていただき、透析治療や日頃の生活に関して気をつけていただきたいことなど情報提供と連携を深める目的で、勉強会を行なってきましたpencil1glitter2glitter2

 

keyaki1


たくさんの介護スタッフさんに参加していただき、

『腎臓病とは?』

『血液透析とは?』

『透析に来るとき・帰った後の注意点』

などの説明をしてきましたnihand

 

みなさんとても熱心に話をきいてくださいましたpencil1glitter2glitter2

遅くまで参加していただき、ありがとうございました!!


今後も少しずつ介護施設の方々と交流の場を広げ、連携していけたらと考えていますnicoheart

投稿者: 医療法人如水会

  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • Facebook フェイスブックFacebook フェイスブック