スタッフブログ

2019.08.02更新

日本サイコネフロロジー研究会に参加するため、長崎まで行ってきました笑うhand

 

透析を受けている方には、本人にしかわからない心の悩みや苦しみがありますnamida
そこから生まれる心理的な症状や行動の問題もあります。
そんな問題に、身体的な医療と精神的な医学の双方から研究する取り組みが行われています。
このような医学分野が『サイコネフロロジー』です。

 

当院に透析通院されていた患者さんの生体腎移植までの経過を発表させていただきましたnicohand

サイコネフロロジー

 

 

患者さんの思いに寄り添った意思決定支援を行うために、家族を交えた早い段階での情報提供と、自己管理のための指導をチーム医療で行うことが大切であると考えさせられました。

 

腎代替療法として、若年層に限らず高齢者でも生体腎移植を望む方が増えてきているとの報告もあり、今後腎代替療法を選択するにあたって、患者・家族の意向を十分鑑みたうえで、生体腎移植を勧めていきたいですnihand

 

 

投稿者: 医療法人如水会

  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • Facebook フェイスブックFacebook フェイスブック