スタッフブログ

2018.08.31更新

 透析患者さんにとって、シャントは命綱となるものです。

一度作成したシャントはできる限り長く使う努力が重要ですnihand

 

しかし、長期間繰り返し使われたシャントは、狭窄・閉鎖などを起こし治療が必要となることもあります。

 

シャント1

シャント2

 

如水会ではシャントセンターを併設し、そのような突然のトラブルにも迅速に対応できる体制を整え、安心で安定した治療を提供いたしますnicoheart3

カテーテル治療により対処できるトラブルがほとんどです。

 

しかしそれでも解決できない場合は、主に四日市腎クリニックのシャントセンターにて新たにシャントを作り直す手術(再建術)を行います。

シャント3

シャント4

 

シャントセンター併設の強みを生かして、鈴鹿腎クリニック・四日市腎クリニック、いずれの患者さんにも、クリニック間での連携・情報共有を密にし迅速に対応できます笑う

 

シャント5

 

また新たにシャントを作る手術(造設術)も、如水会に通院中の患者さんはもちろん他施設からご紹介いただく患者さんも受け入れていますnihand

 

#四日市腎クリニック

#鈴鹿腎クリニック

#シャント

#透析

#腎臓病

#四日市

#鈴鹿

 

投稿者: 医療法人如水会

  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • Facebook フェイスブックFacebook フェイスブック